サービス内容 - 事業承継支援

成長~成熟

事業承継支援

円滑な事業承継は、優れた技術・技能・価値・雇用等々を守り、企業を永続的に存続・発展させるという意味でも非常に重要な取り組みであり、経営者の永遠のテーマと言えます。
対策を誤ると結果として廃業に至ってしまうケースもありますが、そのような事態に陥らないよう計画的な取り組みが何より重要です。いざという時に備え、是非一度、中小企業のご支援を専門とするみらい経営にご相談ください。

こんなお悩みにお答えします
  • 事業承継に漠然とした不安はあるが、何から手を付ければ良いかわからない。
  • 経営の一線からの引退を考えているが、後継者が親族や社内にいない。
  • 事業承継税制についてよくわからないので詳しく教えてほしい。
  • 株主が多く分散していて、承継が困難になってしまっている。
  • 後継者とその側近の目線が低く、今後が心配でなかなか承継が進まない。
  • M&Aに伴う悪いイメージがあり、決断できずにいる。

サービス内容

service01

事業承継計画の策定

まずは事業領域・貴社の強みを定義し「何を行う会社として位置付けたいか?」を定義します。そして5年後、10年後のあるべき姿を描いた上で、実現に向けた構想を整理し、計画として取りまとめていきます。

service02

経営革新等支援機関(認定支援機関)としての各種支援

税制優遇措置などを受けるためには「認定支援機関」の支援を受けることが条件となっている場合があります。当社は経営革新等支援機関の認定を受けており、数多くの実績があるので安心してお任せいただけます。

service03

資産継承プラン設計支援

安定した事業承継のためには、自社株式や事業用資産を可能な限り後継者に集約させることが重要です。そのための資金調達・税金対策についても支援していきます。

service04

経営体制継承プラン設計支援

事業承継を考える際は、承継時だけでなく中長期的な視野でのプラン設計が必要となります。これまでの事業を安定化させ、新たな成長事業を策定し、人や組織などの経営体制構築についてもプランニングしていきます。

service05

サクセッションプラン・後継者育成支援

経営者の最大の課題は後継者の選定と育成です。後継経営者のみならず後継取締役候補者を選定し、就任するための課題を具体的明確に計画として落とし込み、現経営陣が計画にコミットし、主体的に課題を克服する仕掛けづくりを行います。

事例

【サービス業】A社

事業承継計画を月例会議にて継続的に協議しながら検討作業を進めました。社長のご子息への経営承継を意思決定され、将来の新体制に向けた経営承継と株式承継の両面を進めています。事業承継の手法としては、持株会社化等も検討しましたが、事業承継税制の特例を活用して納税猶予にて社長からご長男へ株式を贈与する計画で進めています。株式が分散していたためその集約を進めると共に、株式交換による完全子会社を行い、次世代の経営体制を明確にしました。

ページの先頭へ戻る